研究公正の実態把握の 高度化に関する研究と その普及に資するシステム構築

本研究開発では、各研究機関が質問紙調査により
研究公正に関する研究活動の実態を
把握するためのシステム開発を目指します。

ABOUT

研究開発について

「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014.8)が施行されてから、研究倫理教育や研究公正の推進に向けた取り組みが国内の研究機関で広く実施されていますが、我が国を代表する大学や研究拠点でも少なからぬ不正事案が繰り返し発生している状況です。

研究活動の信頼性を担保していくためには、各研究機関が研究倫理教育等を実施するだけでなく、その効果を検証することで、実効性のある取り組みを進めていくことがとても大切です。
本研究開発では、各研究機関が質問紙調査により研究公正に関する研究活動の実態が把握するためのシステム開発を目指します。

研究開発について

STUDY

開発実施項目

  • 1

    研究機関のニーズ分析と調査・システム設計

    研究機関のニーズ分析と 調査・システム設計

  • 2

    調査結果の分析を自動化するシステム開発

    調査結果の分析を 自動化するシステム開発

  • 3

    研究公正の実態分析

    研究公正の実態分析

活動報告

ACTIVITIES

    ただいま準備中です…